ドローン・点検調査
DX改革は「上空」から、ドローンが設備点検や
調査・測定の常識を変える
  1. 低コスト・短期間

    低コスト・短期間

    • 足場コスト(足場資材、運搬、組立/解体)、
    • 人海戦術による目視点検コスト(工数、時間)を大幅削減
  2. DX化

    DX化(デジタルトランスフォーメーション)

    • 撮影データを机上で繰り返し確認可能
    • 3Dデータを作成し立体としてチェックすることも可能
    • データを蓄積し経年観察も可能
  3. 安全

    安全

    • 高所、狭所、高温、低酸素、粉塵エリアでの作業をドローンに任せて、人災リスクを大幅低減
    • 最大補償の保険加入で万が一の備えも万全
  4. 確実

    確実

    • 用途に応じた機体選定と高画質カメラ、また経験豊富な有資格オペレーターの安全飛行技術と高度な撮影技術で最適な画像、映像を提供いたします
空撮データの三次元化による360°視点の点検・チェックが可能に!
空撮データの三次元化による
360°視点の点検・チェックが可能に!
ドローン空撮データを3D化すると、全方位からの地形や構造物の解析が行なえ、異常箇所の早期発見が可能です。
従来の地上での調査と比べ、大幅に期間とコストを削減できます。
3Dデータを活用して、DX化の推進、事業の効率化を図りませんか?
操縦・点検・報告まですべてワンストップで可能です安心してお任せください。
専任のスタッフが対応します!

基本的な流れ

  1. 01

    お打ち合わせ、下見、お見積り

  2. 02

    取引基本契約締結

  3. 03

    フライトスケジュール調整

  1. 04

    ドローン飛行・撮影(点検・調査)

  2. 05

    撮影データ整理・編集

  3. 06

    成果物納品・ご請求

RESULT主な実績

O市 清掃工場

T市 メガソーラー

S市 物流施設

H県・E県沖 新造船竣工記念動画

DRONE LINE UP使用機体の一部をご紹介
MATRICE 210 RTK V2
機種
MATRICE 210 RTK V2
カメラ
ZENMUSE X5S(2,080万画素)
ZENMUSE XT2(可視光&赤外線)
利用シーン
点検(太陽光パネル、インフラ構造物、風力発電設備など)
MAVIC2 ENTERPRISE DUAL
機種
MAVIC2 ENTERPRISE DUAL
カメラ
内蔵(可視光&赤外線)
利用シーン
点検(太陽光パネル、プラントなど)、一般空撮
ABOUT当社について
当社の新ビジネスとして、ドローン事業へ取り組みを開始しました。
これまで高所での点検作業は、大規模足場や高所作業車を利用し、人間の目が頼りでした。
これからはドローンによる高画質な撮影による画像解析から不具合部の確認が短時間、安全、低コストでできるようになりました。
屋内外のプラント機器をはじめ太陽光パネルや風力発電ブレードなどを、上空から4Kカメラや赤外線カメラで撮影し、従来手法よりローコストでローリスクな目視点検を行います。
またドローンによる写真点群測量により、3次元点群データ・オルソ画像データの提供、堆積物の容量や窪みの空き容量計測、1/500平面現況図の作成も可能です。
もちろんPR用動画などの一般空撮にも対応いたします。
確かな技術のオーナミドローンサービスを是非一度お試しください。
当社について
  1. COMPANY

    会社概要

    more
  2. COSTMER MESSAGE

    カスタマーメッセージ

    more
  3. HISTORY

    沿革

    more
NEWS
  • 2022/07/01 オーナミ ドローン事業 公式サイトオープン